このエントリーをはてなブックマークに追加

市場の推移

不景気が続いている今の日本ですが、意外にも売り上げを伸ばしているのがバスツアーです。
特に日帰りで行けるバスツアーの人気は非常に高く、利用者・売上の両方が年々増加傾向にあります。
このような背景には旅行業界全体のうち、国内旅行に行く人の割合が増加したことが挙げられます。
この不景気の中、海外旅行に行く人は減り、国内で旅行を楽しもうという考えの方が増えてきました。
その中でもバスツアー近場の観光スポットまで手ごろな料金で遊びに行くことができる、まさに消費者の需要にぴったりな商品として注目される様になったのです。
バスツアーの平均的な価格として5000円から7000円程で食事や観光が楽しめるものとなっています。
また、この中には移動費や食事代などが含まれているものも多く、かなり安い値段で1日満喫できるといえるでしょう。
実際、国内旅行を楽しむ人は2008年には年間6000万人を超えています。
これは2007年に比べ、国内旅行者数が320万人も増加しているという統計が出ています。
しかし、なぜ、このように国内旅行を楽しむ方が増えたのでしょう。
この増加の原因にはバスツアーの利用者の増加が深く関わっています。
バスツアーを利用する方の多くはシニア世代の女性の方です。
旅行を楽しむ時間も余裕もあるけれど、海外旅行はちょっと気が引けるという方も多く、こういった方達が国内のバスツアーに目を向けるようになり、利用者の増加につながったのではといわれています。
今後、バスツアーの市場は幅広い年齢層に楽しんでもらえるような内容のものと特定の世代に絞った内容のものの2種類の旅行商品の開発が活発になるといわれています。
Copyright (C)2017電車よりも車よりも?!バスならできる素敵な旅行.All rights reserved.