このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアのバス旅行

アジアは日本から近く、海外旅行先としても人気の高い地域となっています。
アジア全体のバスの特徴としては乗客率が非常に高いことが挙げられます。
地元でもバスは非常に便利な乗り物として利用されています。
地域によっては鉄道よりも発達しているところもあるほどです。
その為、乗車率はとても高く、ぎゅうぎゅうという事も珍しくはありません。
また、満員所帯で屋根の上まで荷物が乗っているといった光景はアジアならではのものだと言われます。
また、日本のバスとは違い、バス自体が古いものが多く、トラブルに巻き込まれる事もしばしばあるようです。
更に、道路の状態が悪い地域も多く、乗り心地はいまいちと感じる方もいるかも知れません。
しかし、バスが走る場所によっては日本では見ることのできない美しい風景が広がる地域も非常に多いのがアジアのバスの特徴といえます。
アジアでも有数のバスの利用率を誇るのがインドです。
インドは鉄道よりも細かく、インド全域をバスが走っています。
その為、旅行に行く地域によってはバスの利用の方が便利な場合もあるのです。
インドでのバスの利用の注意点は民間のバスか公営のものかの違いです。
インドにはバスが2種類用意されており、それぞれバス乗り場も異なる場所に設定されています。
自分がどちらのバスを利用するのか把握した上で乗る事をお勧めします。
また、インドではよく海外旅行客向けにあるような英語での表記はありませんのでご注意を。
Copyright (C)2017電車よりも車よりも?!バスならできる素敵な旅行.All rights reserved.